ホーム > 習慣 > 脇の下を拭く習慣で匂いが抑えられる

脇の下を拭く習慣で匂いが抑えられる

ワキガと聞くと体臭がキツい、臭い、不潔、汗が原因などと連想する人は多いです。

しかし、「ワキガ」は脇の毛穴や毛穴の根元に潜んでいる黄菌毛などの菌類が原因となって起こるケースが多く、ただ汗を洗い流すなどの処置だけでは、わきがの症状を抑えられない場合がほとんどです。

そんな菌によってひき起こされる「わきが」の場合、わきがを治療する手術を受けると改善する事があります。

「ワキガ」手術に踏み切れない方などは多くの人が制汗剤のスプレーなどのデオドラント製品を使用して「ワキガ」を抑えようとしますが、それらのデオドラント製品をむやみに、わきがの脇に使用するとかえって「ワキガ」とデオドラントの匂いとが入り混じってもっと酷い悪臭の元になる場合もありますので注意が必要です。

手術以外の方法で、ワキガの症状を抑えるにはやはり常日頃から脇を綺麗にしておく習慣をつける事が第一です。

毎日のお風呂でシャワーを使い脇を洗い流すのは勿論、外出先でもウェットシートなどで脇の下を拭く習慣をつけると比較的に、ワキガの匂いが抑えられる事もあります。

ワキガと制汗スプレーの関係